2008年02月02日

ボッサ de ミク

MIKU_200802021748_by_SUZUYA.jpg


 マッシュアップを標榜するブログでありながら、初のオリジナルです。オリジナルではありますが、引用だらけなのでまあいいじゃないの。
 Vocaloidの初音さんに70年代調のボサノバ歌謡を歌ってもらいました。
 いままでマッシュアップしかやったことがなかったので、(こんなにチープな音にもかかわらず)かなり苦労しましたが、Steinberg Sequelのおかげでなんとか完成しました。が、trialバージョンにつき、残された時間はあとわずか。おそらく3作目はない。

 ぶっちゃけた話、Aメロは長谷川きよし「私のWeekend」(これはボサノバではなく、AOR歌謡)に影響されている。
 曲調は山本リンダ「きっとまた」(正統派ボサノバ歌謡)っぽい。
 あと、男女のデュエットでお互いの日常を歌う歌詞は、ザ・ターゲッツ「Morning Time」(80年代テクノ歌謡)のなんとなくクリスタルな雰囲気に負うところが多い。
 と、 作ってから気付いた。それなりに消化したうえでオリジナルにはなってると思うんだけれど。
 タイトルは矢沢透(アリス)「ボッサ de スー」をもじったもの。これだけはワザと。
 すみません、さっぱり伝わらない引用で。  

 イラストはpiaproの鈴屋さんのをお借りしました。
 なお、男声はVocaloidではなく、肉声です。

posted by 山本ニュー3 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。